妊娠・出産

【コスパ高い!】産前・産後に大活躍したAMOMAアイテム。

ちよん

未就学児2人育児中の30代ゆとり世代会社員ワーママ。 子供だけじゃなく、ちゃんと自分が幸せになる将来のための「今」を綴るブログ。旅行、ヨガ、おしゃれ、お酒、本、ランニングが好き。

この記事では実際に私が産前・産後お世話になってよかったAMOMAのアイテムを紹介します。

なんの回し者でもないのですが、AMOMAのアイテムは本当に安心して使えるし、効果があるものばかりでしたので、自信を持って皆さんに勧めたいです。

もし試していない商品があればぜひ参考にしてみてください!

産前にお世話になったアイテム

マタニティブレンド(ハーブティー)

ローズヒップのような酸味がありスッキリ味の赤い綺麗なハーブティー。
お腹が大きくなってきて腸が圧迫されると出てくる便秘と、むくみの2大悩み。。

このお茶を飲み出したらこの2大マイナートラブルがスッキリしましたよ。
もちろんお腹の赤ちゃんにも安心なハーブを配合されています。
私は妊娠中期から後期まで4ヶ月ほど飲んでいましたよ!

ラズベリーリーフティー(ハーブティー)

妊娠8ヶ月から飲める、昔からヨーロッパでは安産祈願で飲まれてきたハーブティーです。

一人目出産の前にこれを飲んで安産だったので二人目の妊娠中も飲みました!
お産がスムーズに進むように、子宮が収縮するのを助けてくれる作用があるようです。
そのため、妊娠8ヶ月未満の妊婦さんには禁忌とされているので、注意が必要です!

味は、好き嫌いあるかもしれないですが、ハーブティー飲み慣れている方でしたら好きな方も多い味かと思います!

臨月から正直おまじない感覚でやってみましたが、結果二人目出産時は会陰切開も破裂もせずに済みましたので、やっていてよかったです!!

マタニティリフレッシュ(アロマオイル)

妊娠初期のムカつきやつわり、気分の落ち込みをスッキリさせてくれるエッセンシャルオイルです。
アロマディフューザーに入れたり、ハンカチにたらしたりして使っていました。

電車に乗らなければいけない時など、マスクにこのアロマをつけて乗っていましたね。

カレンデュラオイル

これは二人目の妊娠中に初めて試してみましたが、結果大正解でした。
会陰マッサージに使うオイルとして有名ですよね。

一人目の時に会陰切開をして、産後の痛みに苦しんだので今回は絶対切りたくない!と思い、どうしたら切られないで済むのか調べに調べまくった結果、会陰マッサージはやらないよりやったほうがいいという結論に至りました。

会陰マッサージってどうやるの!?って方は以下の図をご参照ください。

カレンデュラオイルを使った簡単な会陰マッサージを行うことで、たとえ会陰切開しても切開部分が小さく済んで、産後の傷の回復も早くなります。いたわるような気持ちで妊娠後期(28週~)から会陰マッサージを始めてみましょう。
会陰に指で触れることに抵抗がある方は、カレンデュラオイルをコットンに浸してもOKです。お産を少しでも軽くできるように、リラックスしながらマッサージしてみてください。
引用元:https://www.amoma.jp/products/calendula_oil/

産後にお世話になったアイテム

産後ヒーリング(アロマオイル)

産前よりもさらにホルモンが不安定な産後。

少しでも気分がスッキリすれば…と、オレンジスイートやゼラニウムなどとっても落ち着く香りなのでリビングのアロマディフューザーに垂らして使っていますが、いい感じがします。

赤ちゃんと向き合っていてつい自分の呼吸が浅くなっている時に深呼吸してこの香りを嗅ぐととても癒し効果がある気がしています。

ベビースリープ(アロマオイル)

え、赤ちゃんにも?
アロマオイルに頼りすぎじゃない?と思われた方もいるかもしれません(笑)

ですが、人間の精神状態に嗅覚から入るものって結構大きいんですよね。
体の小さい赤ちゃんなら尚更効果が大きい気がします。

個人差はあると思いますが、これを寝室で使うようになってからは夜泣きをほとんどしなくなりましたので、効果を実感しています。

また、この香りがする暗い寝室に入ると「眠る時間」というマインドセットができるようになったのも大きいのかなと思います。
毎日同じリズムを作ってあげるって、とっても大事ですよね。

ラベンダーなどは大人の入眠にもとっても良いのでおすすめです。
私は生活の木のアロマディフューザーを使っていますが、エッセンシャルオイルのびんをそのまま挿しておけるし電源をつけたらすぐ香りが広がるのでとってもおすすめです!

ミルクスルーブレンド(ハーブティー)

産後のつらいトラブルの一つ。
それは乳腺炎です。
一人目の時、私は全く知識がなかったのでこんなことになるなんて予想だにしませんでした。
乳腺炎とは、母乳が作られすぎてしまうことによって母乳が作られる乳腺の中で母乳が詰まって炎症を起こす症状です。
乳首や胸が痛いだけでなく、発熱もしたりします。
これめちゃくちゃ辛いんですよ・・・。
母乳外来で絞ってもらった後、このハーブティーを飲み始めたら、母乳の詰まりが取れてその後詰まって痛くなることはありませんでした。
甘いものをたくさん食べすぎた後など、お守りがわりによく飲んでいました。
二人目の時の産後も警戒して初めから飲んでいたので、詰まることなく生活できています!

味も普通に飲みやすくかったので、「もしや?」と思う方は試してみてください。

カレンデュラオイル(再び)

カレンデュラオイル、アゲインです。
これ、めちゃくちゃ優秀なオイルなんですよ。
赤ちゃんが舐めても大丈夫なので、産後の乳頭ケアやマッサージに大活躍します。
母乳育児が始まった産後すぐは乳首が痛くなる方が多いと思いますが、授乳後にこのオイルを軽く塗っておくだけで授乳が楽になりますよ。

また、かぶれがちな赤ちゃんのお顔やおしりにも使えるんです。
うちの子は乳幼児湿疹がひどい時期がありましたが、お風呂上がりにこのオイルを塗ってあげていると少し炎症が治ったりしていました。
会陰マッサージをしてもしなくても、産前に買っておいて産後まで使えるアイテムなのでこれは超優秀ですね。


まとめ

AMOMAの商品は他にも魅力的な商品はありますが、実際私が使ってみてよかったものを紹介してみました。

産前には
・マタニティブレンド
・ラズベリーリーフティー
・マタニティリフレッシュ

産後には
・産後ヒーリング
・ベビースリープ
・ミルクスルーブレンド

産前も産後も使える
・カレンデュラオイル

以上、参考になれば幸いです!

皆さんのマタニティライフ・赤ちゃんとの毎日が少しでも幸せなものになりますように!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちよん

未就学児2人育児中の30代ゆとり世代会社員ワーママ。 子供だけじゃなく、ちゃんと自分が幸せになる将来のための「今」を綴るブログ。旅行、ヨガ、おしゃれ、お酒、本、ランニングが好き。

-妊娠・出産